クレジットカードの審査基準を徹底調査

クレジットカードの審査基準について

審査基準の「3C」

イメージ

クレジットカードの審査基準はカード会社によって異なりますが、共通している基準で「3C」と呼ばれるものがあります。3Cとは能力というの意味の「Capacity」、性格という意味の「Character」、資産という意味の「Capittal」のことです。

任3Cの能力とは支払い能力のことを指します。支払い能力の審査基準はまず年収がいくら以上あるかを第一条件とします。また収入の他に勤務年数や、多額のローンがあるかということも審査基準にされ、収入が多くても審査に通らない場合が有ります。

3Cと呼ばれる返済の能力、返済の意思、負債の担保があるかどうかを審査するわけですが、審査基準はクレジットカード会社ごとに独自の基準を決めていますので、クレジット会社によって審査が厳しいところもあれば、ゆるいところもあります。

性格も審査の重要なポイント

性格では何を見るのかというと、きちんと返済をしてくれるのかというところです。クレジットやローンの返済は返済日にきちんとしなければなりません。返済が遅れるような人は返済日を守る意思のない人であると判断されてしまいます。

性格の基準でもう一つ挙げられるのが申込書の正確性についてです。申込書に記入漏れや電話番号の違いなど間違いが多いと、慎重性が欠けており正確に記入できない人などと判断され、評価がマイナスになる場合があります。

資産についての基準

資産についての基準では、預貯金などのプラスの資産は一般のクレジットカードではあまり重視されません。クレジットカードの審査においては他の金融機関のローンなどの残高等のマイナスの資産が重要視されるようです。

Copyright(c) カード審査を通りやすくする!クレジットカード審査基準とは。 All Rights Reserved.